世界的心臓外科医 直伝!南先生の健康コラム

長きに渡って業界で活躍する人間が共通して関心があるものの一つ、それが「健康」です。著名人の健康を数多くサポートしてきた、世界ナンバーワンの日本人心臓外科医南和友先生が「プロフェッショナルを目指すあなた」に向けた健康管理法コラムをお届けします。

 

南 和友(みなみ かずとも)
1946年大阪生まれ。1974年京都府立医科大学卒業。76年ドイツ国費留学生(DAAD)としてデュッセドルフ大学外科へ入局。以後30年間にわたりドイツで心臓血管外科医として活躍。84年バードユーンハウゼン心臓・糖尿病センター主席心臓外科医、89年臨床外科医教授に就任。2004年ボッフム大学永代教授に日本人としてはじめて任命される。05年から10年にかけて日本大学医学部心臓血管外科教授を務める。10年医療法人北関東循環器病院の病院長を経て、18年医療法人社団友志会 理事長・院長に就任。これまでにおよそ20,000例超の心臓・血管・肺手術を執刀。国内外の20以上の学会員・評議員を務める。特別講演・テレビ・ラジオにも多数出演。著書に『日本の医療危機の真実』(時事通信社)、『こんな医療でいいですか? 』(はる書房)、『老いるほど血管が強くなる健康法』『解病』『蘇活力』『蘇活力実践篇』『心臓血管血圧すべての悩みを解決する方法』(アチーブメント出版)、『人は感動するたびに健康になる』(マキノ出版)がある。
●専門分野 : 循環器疾患、胸部・心臓・血管外科、人工心臓、心臓移植外科