一流の人が大切にする 孤高の時間〜何を考え、どう実行するのか?〜

孤高の時間。

それは、成果を出すために必要不可欠な 『一人で過ごす第二象限の時間』のことです。

しかし、その時間の重要性を理解できていても 「忙しくて、どうしても時間を確保できない」 「時間をとっても、あまり有意義に過ごせない」 と悩む方は少なくありません。

果たして、各業界を牽引するリーダーは どのようにして孤高の時間を捻出し、活用しているのでしょうか?

インタビューを通じて、徹底解剖しました。

 

特集1 徳洲会体操クラブ監督/アテネオリンピック体操男子団体金メダリスト 米田功
特集2 湘南美容グループ代表取締役 相川佳之
特集3 ファイナンシャル・プランナーMDRT成績資格終身会員/ToT(MDRT日本会・米国本部) 石田竜吾
特集4 アチーブメント株式会社代表取締役社長 青木仁志