CATEGORY

マネジメント

  • 2020年3月31日
  • 2022年3月2日
  • 0件

オリジナル生徒手帳を活用した「目的教育」を、高校教育の現場で本格導入

学校法人花巻学院理事長/花巻東高等学校校長 小田島 順造 アチーブメント株式会社 代表取締役会長 兼 社長 青木 仁志  大谷翔平選手や菊池雄星選手らを輩出した岩手県の花巻東高等学校が、アチーブメント株式会社と連携して、人生を戦略的に生きるための特別カリキュラムを導入。『立志 夢実現』という同校の指 […]

  • 2020年3月29日
  • 2021年1月15日
  • 0件

全体達成を追う組織文化が、社員の活躍を後押しする!

レナード株式会社 代表取締役 三原 孔明 美容機器の製造販売・直営サロン経営・店舗コンサルティングの3つの主幹事業を持つレナード株式会社。200名以上の社員を抱えながら、最低でも毎年170%成長を遂げ続けている。三原氏のこだわりで、営業社員には、営業ランキング掲載もノルマも一切持たせていない中で、い […]

  • 2020年3月28日
  • 2020年4月6日
  • 0件

言いづらいことを伝える時のフィードバック4つのポイント

アチーブメント株式会社 相談役/首席トレーナー 佐藤英郎   決して威圧的な態度を取っているわけではないのに、こうした状況が生じてしまうことが多くの管理職の悩みですね。 フィードバックとは、現在地を知らせ、目標達成の支援をすることです。これは、メンバーが成長していくために必要不可欠です。 […]

  • 2020年3月25日
  • 2020年4月6日
  • 0件

強く踏み込み、深く聴く〜成果へのこだわりが部下の力を引き出す〜

元北海道日本ハムファイターズ 内野守備走塁コーチ兼作戦担当 白井一幸 上司が責任を持つべきは「部下の成果」である 例えば、練習で全力を出していない選手がいるとします。 そんなときにどう声をかけますか? 私は「お前は良いかもしれないけれど、チームメイトはどうするんだ?お前が本気を出さずに試合に負けたと […]

  • 2020年3月24日
  • 2020年3月31日
  • 0件

クオリティスクールで人が育つ理由~いかにして主体性を引き出すのか?~

主体性を引き出していく上で、選択理論で提唱されている内発的動機づけのアプローチを組織に応用していくことは鉄則とも言えます。しかし、それをどうすればいいのかと疑問に思う方も少なくないでしょう。クオリティスクールではどう実践しているのか?その具体例をご紹介します。 卒業生の進学先のほとんどが難関大学にも […]

  • 2020年3月24日
  • 2020年8月24日
  • 0件

事業価値への共感なくして、主体性は生まれない

アチーブメント株式会社 代表取締役社長 青木仁志 学んだ情報を活かして、さまざまな仕組みを導入し、新たな取り組みを始めたものの、なかなか浸透せず社員からも賛同の声が得られない。それは組織の成長を作り出すうえで、多くの経営者がぶつかる壁ではないでしょうか。一体どのようにして社員の心を掴み、組織を動かし […]

  • 2020年3月24日
  • 2021年1月15日
  • 0件

相手の中にある成功願望を信じ、4つの自信が高まる支援で育成

セキスイハイム中四国株式会社 岡山支社 店長 福島 達也 セキスイハイムで店長を務める福島氏。自身もトップセールスとして活躍しながら、日本一のメンバーを輩出し、2017年4月には全国の展示場で1位を獲得するなど高い成果を上げる。セールスの成果を左右する最大の要素である、メンバーの「4つの自信」をいか […]

  • 2020年3月24日
  • 2021年1月15日
  • 0件

大切な人に応援される環境こそが、 社員の力を引き出す!

株式会社くまのみ 代表取締役 池田 秀一 一般財団法人日本プロスピーカー協会 認定ベーシックプロスピカー 埼玉を中心に展開している、治療院・美容サロングループの株式会社くまのみ。開業から7年で12店舗に拡大し、60名以上のスタッフを有する組織に成長。県内に3000以上ある治療院の中で口コミNo.1の […]

  • 2020年2月12日
  • 2020年3月31日
  • 0件

伝えるのは対等の立場〜関わり続ける覚悟が行動変容を生む〜

株式会社豆子郎 常務取締役 田原文栄  「目的」に対する納得感で受け手が素直になる 私たちの会社は、10代から80代まで、幅広い年齢の社員がいます。 経験や習慣はもちろん、考え方までが十人十色なので、仕事をすると、自ずと価値観のズレが生まれます。 そんなときは、お互いの正しさを主張し合うのではなく、 […]

  • 2020年2月12日
  • 2021年6月15日
  • 0件

フィードバックはマネジャーの責任である

アチーブメント株式会社 代表取締役会長 兼 社長 青木仁志 フィードバックに関する誤解 たとえば、ミサイルが目標を目指しているとしましょう。 しかし、そのミサイルが、このまま進んでもターゲットから500メートル離れた所に落ちてしまうとしたら、500メートル分を「軌道修正」する必要があります。 そうし […]

  • 2020年2月11日
  • 2020年4月6日
  • 0件

生産性向上の鍵は「効率」ではなく「効果性」にあり

アチーブメント株式会社 代表取締役会長 兼 社長 青木仁志  少ない時間で高いパフォーマンスを上げる人に共通するのは、目先の効率を追っているわけではないということ。では、真に生産性を高めるために、何を基準にしているのか。能力開発のスペシャリスト青木仁志が、生産性と成果を最大化する秘訣を語る。 〝効率 […]

  • 2020年2月11日
  • 2020年3月31日
  • 0件

主力メニューの販売中止で加速させた店舗成長

株式会社アールキューブ 代表取締役 坂田健 中華料理や点心料理という飲食店のジャンルから想像されるメニューといえば、まずは焼き餃子ではないだろうか。様々な調理法で工夫がされ、幅広く人気を集める、売上の生命線と言っても過言ではない。しかし、顧客の9割が注文する「焼き餃子」をあえて廃止し、店舗売上を大き […]

  • 2020年2月10日
  • 2021年1月15日
  • 0件

自己評価を促す情報共有の仕組み導入でスタッフ自ら改善を繰り返す組織へ

株式会社アールキューブ 代表取締役 坂田 健 アチーブメント公開講座のトレーナーとして全国を飛び回る坂田氏。年間180日以上、トレーナーを務めながら経営者としては毎年120%成長を当然のように達成し続けている。経営する店舗の一つ、「六本木餃包」は人数が変わらない中、スタッフの主体的な取り組みにより2 […]

  • 2020年2月1日
  • 2020年4月9日
  • 0件

自ら考え行動する「自巻き型人材」の育て方

いちいち上司から言われなくても、自分で考え、自分で行動し、自分で改善できる。 そんな部下を一人でも多く育成することは、上司にとって永遠のテーマではないでしょうか。 しかし、現実は ・部下がいつも指示待ちでなかなか自分から改善しない ・同じミスを繰り返しては反省の色を見せない ・責任を自覚しておらずい […]